<-- バナーメニュ -->

全国大会・研究集会

2014年度大会アーカイブ(シンポジウム・課題研究)[会員限定]

発表演題

※当日配布資料については、ウェブ掲載をご了承いただけたもののみを掲載しています。
 PDFの閲覧は会員に限ります。
公開シンポジウム
カリキュラム研究の課題-子どもの「資質・能力」をどのように育成するのか-
発表演題 発表者名 発表者所属
学力向上に向けた豊後高田市の学校実践 山本輝昭 大分県豊後高田市立戴星学園
学校間の格差は学校の責任か -「力のある学校」研究からの示唆- 葛上秀文 鳴門教育大学
学校におけるカリキュラム改善の進め方 ―「逆向き設計」論からの提案 西岡加名恵 京都大学
合同課題研究Ⅰ&Ⅱ
現代日本の教育課程政策における政治・行政・経営をめぐる諸問題
発表演題 発表者名 発表者所属
新たな政治情勢と教育課程政策ー本課題研究の趣旨説明を含めてー 天笠 茂 千葉大学
学習指導要領改訂の方向性 前川喜平 文部科学省
初等中等教育局長
カリキュラム行政をめぐるポリティックス 広田照幸 日本大学
改訂学習指導要領の構造分析-カリキュラム・ポリティクスの観点より 長尾彰夫 大阪教育大学名誉教授
課題研究Ⅲ
パフォーマンス評価の理論的根拠と実践的可能性
発表演題 発表者名 発表者所属
歴史教育のカリキュラム設計とパフォーマンス評価-日本とイギリスの比較にもとづいて- 鋒山泰弘 追手門学院大学
パフォーマンス評価で生徒を育てる 田中容子 京都府立園部高等学校
子どもがつくるルーブリックの価値とルーブリックにおける段階間の意味の差 黒上晴夫 関西大学
課題研究Ⅳ
諸外国における道徳教育の動向
発表演題 発表者名 発表者所属
韓国における道徳教育の動向 趙 卿我 京都大学
ドイツ連邦共和国における倫理科による道徳教育のカリキュラム-ノルトライン・ヴェストファーレン州実践哲学科とブランデンブルク州LER科の事例比較を中心に- 濱谷佳奈 大阪樟蔭女子大学
いまなぜ、公民および道徳教育が必要なのか(フランス) 園山大祐 大阪大学
アメリカの道徳教育論と日本の道徳教育 浅沼 茂 東京学芸大学

▲ページTOPへ

Site Map