<-- バナーメニュ -->

全国大会・研究集会

2018年度大会アーカイブ(シンポジウム・課題研究)[会員限定]

発表演題

※当日配布資料については、ウェブ掲載をご了承いただけたもののみを掲載しています。
 PDFの閲覧は会員に限ります。
課題研究Ⅰ
カリキュラムの評価とマネジメントをめぐって ―「効果検証」を中心に―
発表演題 発表者名 発表者所属
カリキュラムの「効果検証」と「評価」の間
―高等学校カリキュラム研究の立場から―
岡部善平 小樽商科大学
プログラム評価研究の立場から 安田節之 法政大学:招待
カリキュラム開発研究の立場から 安藤輝次 関西大学
課題研究Ⅱ
学校現場との協働に基づくカリキュラム研究をどう進めるのか
発表演題 発表者名 発表者所属
カリキュラム研究と開発をつなぐ 
~研究開発学校の取組をもとに~
天笠茂 千葉大学
学校現場との協働に基づく研究を進める過程でのとまどいと模索 木村裕 滋賀県立大学
『実践的研究者』としての学校教師 
~研究者と実践者を相対化する互恵的研究~
水野正朗 東海学園大学
公開シンポジウム
子どもの主体的な学びを支える学校づくり
課題研究Ⅲ
「見方・考え方」をどう捉えるか ―資質・能力の育成と教科の本質の追求とをつなぐ―
発表演題 発表者名 発表者所属
カリキュラム研究の立場から
―「逆向き設計」論を踏まえた検討―
西岡加名恵 京都大学
社会科教育の立場から
―IDM(Inquiry Design Model)を踏まえた検討―
草原和博 広島大学
国語科教育の立場から
―教科教育学研究に突きつけられていること―
阿部昇 秋田大学
課題研究Ⅳ
いま改めて多文化主義の教育を考える
発表演題 発表者名 発表者所属
ウレシパ・プロジェクトがめざすもの 本田優子 札幌大学
異質な他者の(不)可能性 
―多文化主義とカリキュラムの政治学から考える
生澤繁樹 名古屋大学

▲ページTOPへ

Site Map